強い体へ

妊娠中の服用について

高麗人参を妊娠中に服用することは、結果的に言うと特別問題はありません。
妊娠中はお母さんの食べるものが赤ちゃんの栄養になっていきます。
そのため、食事に気を使い始めるという方も多いでしょう。
また、薬やサプリメントの服用などについても心配になるという場合もあると思います。

高麗人参は漢方薬のイメージが強いものですから、薬と勘違いをされてしまうこともあり、妊娠中に飲むと何か害があるのでは?と考えられてしまうかもしれません。
しかし、サムゲタンや天ぷらなどのメニューで使われている通常の食材でもありますので、特別な副作用や薬のような作用ということはありませんので、その点では安心して良いでしょう。
ただし、妊娠してから「体に良いから」と急に服用を開始するというのはやめておいた方が良いかもしれません。
なぜなら、妊娠中は免疫も弱っていますし母体の体質が変わってしまいやすい時期だからです。
普段であれば平気なものであっても、妊娠中にいきなり利用すると不具合が生じることがあります。

産院によっては、ヨガなどの運動であっても妊娠前にやっていないのであれば妊娠したからといって特別にやり始めることは無いというふうに指導する医師もいます。
妊娠中は体の変化が大きいので、外側の変化は最小限に留めておく方が望ましいと言えるのです。
また、妊娠前から高麗人参を飲んでいるという方の場合でも、体質の変化によって体に合わなくなってしまうということもあります。
そうした場合にはムリをせず服用をやめておいた方が無難です。

高麗人参の飲み方としてお酒にして飲んでいるという場合には、妊娠中は控えるようにしましょう。
高麗人参酒は冷え性改善に良いのですが、アルコールは胎児にそのまま伝わってしまいますので、悪影響になってしまう可能性があるからです。
高麗人参は栄養豊富で健康に良い食材なのですが、妊娠中には母体の体調・飲み方を考えながら取り入れていくことが必要です。