強い体へ

豊富なサポニンで疲労回復・血行促進

高麗人参は昔から漢方薬として健康維持のために役立てられてきました。
その高い効果・効能の裏には、サポニンという成分が関係していることが分かっています。
高麗人参にはなんと30種類以上のサポニンが含まれていて、しかもその全てが違った働きをしているのです。
そしてサポニンどうしがそれぞれの働きを補い合ったりしているのです。
では、サポニンの代表的な働きを紹介していきたいと思います。

まずあげられるのは疲労回復です。
サポニンには全身の代謝を促進するという働きがあることが分かっています。
疲労を回復させるためには、この代謝や精神安定といったことが大切になってくるわけですが、サポニンはその両方を行うことが可能なのです。

また、血行促進ということもサポニンの代表的な働きです。
血行不良は全身の様々な不調を引き起こします。
冷え性や肩こりといったものもそうですし、もっと重度になってしまうと心臓に負担をかけてしまい血圧があがってしまうということも考えられます。
そうした重大な病気につながってしまう可能性のある血行不良を高麗人参は解消してくれるのです。
この他にも、高麗人参のサポニンには素晴らしい働きがたくさんあります。

例えばアレルギー症状を改善させるですとか、動脈硬化の予防に役立つですとか、貧血を治すといったことがあげられます。
そしてもちろん健康になっていけば、美肌などにも作用していくことが考えられますので、美容にも効果的です。
このように、高麗人参は全身のどこか1ヶ所に作用するというのではなくて、全体にまんべんなくその働きが行き渡るものというように考えることができます。
しかも薬のようにそれを飲むことで副作用が表れるということもありません。
全身のバランスを整えながら調子を良くしてくれるので、副作用ということが起こらないのです。
高麗人参が古くから利用され、しかも現在に至るまで変わらず使い続けられているのは、こうした理由によるものと考えられます。